科学と技術

[字幕動画]米軍のロングセラー自動小銃「M16A1」のメカニズムを徹底的に解説する1966年の動画


米軍が今もそのバリエーションを使い続ける自動小銃「M16」シリーズが誕生したのは60年代半ばごろ。当時としては先進的すぎるライフルだったため、兵士たちを教育するのが大変だったようです。この動画は陸軍が試験的にM16を採用した際に作られた動画。新式小銃の隅から隅までが解説されています。

下の「Select Language」タブから「Japanese」を選択して再生すると字幕が表示されます。動画が表示されていない場合は、何度か「F5」キーを押してページの表示を更新してみてください。

 
タフな自動小銃といえば東側諸国でよく用いられている「AK47」がよくあげられますが、M16も基本的な構造はほとんど変えずに現在も活躍している「名銃」です。動画では時計のように精密、かつシンプルな動きと構造が紹介されています。

関連記事

ベトナム戦争時代に配布されたマンガ式「M16分解清掃マニュアル」 - DNA

モジュラーレシーバーシステムを採用したコルト社の新型自動小銃「CM901」がデビュー間近 - DNA

ティーガー戦車を女の子に見立てて「付き合い方」を学ぶドイツの「萌え」教本「Tigerfibel」 - DNA

夢のコラボ、ダニエル・ディフェンス社とヴィッカーズ・タクティカルによる射撃教習DVDのプロモ動画 - DNA

[字幕動画]トラヴィス・ハーレイが語る「エアガンで効果的な訓練を行なう方法」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧