世界のびっくりニュース

プレーリードッグはかなり複雑な言語でコミュニケーションをとることができる


人間以外で言葉をしゃべる哺乳類、といえばイルカやクジラを上げる人が多いと思いますが、実はプレーリードッグの言語能力はかなりのもの。わずか1秒の鳴き声の中に、かなりの量の情報が圧縮されているのです。


まずは外敵が現れた時の警告音から。ワシ、人間、コヨーテ、犬とそれぞれにまったく違う声で仲間に伝えています。

また、種族だけでなく大小、体型、色なども区別して鳴き声にすることができます。「大きな犬」「黒い鳥」など、簡単な文章を1秒に満たない鳴き声で表現できるのです。

また、このような見たことのないものについては、新しい鳴き声を作って表現することもわかりました。

また、仲間に警告を与えるためだけでなく、まったく意味のないおしゃべりをしていることも明らかになりました。どういう時にどういう声で鳴くのかまったく統計がとれないのですが、プレーリードッグの間では確かに応答が成立しているということです。

これらの鳴き声にはプレーリードッグの種類や住んでいる地域による差、つまり方言が存在するそうです。見た目よりもかなり複雑なコミュニケーションをとっていることが伺えます。

情報を圧縮してから音声にエンコードしている、と書くとかなりサイバーパンクな感じですね。情報量を失わずどのように圧縮しているのか、またどのようにデコードしているのかも気になるところです。

動画はこちらから。
Prairie Dogs: America’s Meerkats – Language – YouTube

ところで実験中、録音をしている人たちのことはなんと言っていたのでしょうか。仲間内で「あいつまた来たけど何やってるんだろう」くらいのことは言っていそうですね。

ソース:Researcher decodes prairie dog language, discovers they’ve been talking about us (Video) : TreeHugger

関連記事

動物園で飼われていたウォンバット、お客さんのナデナデが足らず「うつ病」と診断される - DNA

寒くてキングスライム状態になってしまったキツネザルの動画 - DNA

「こんにちわー!」に気持ちよくレスポンスしてくれる七面鳥の群れのとっても癒されるムービー - DNA

サバンナで撮影するカメラマンに必須の技能 - DNA

「コヨーテとノコギリのための二重奏曲」の動画 - DNA

ヤギとボン・ジョヴィには互換性があることが判明 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧