科学と技術

スゴ腕、50口径の巨大なライフルで立ったまま約900m先のターゲットをブチ抜く動画


重さ13kgの「バレット」50口径ライフルは構えるだけでも大変なモノ。これをフラフラと銃口が揺れる立ち姿勢で、しかも1000ヤード(約914m)の標的を撃つという神業に成功しているというすごい動画です。


撃っているのは元アメリカ陸軍のレンジャー部隊出身。一見なんでもないようにライフルを構えていますが、同じ長さの鉄骨を2本の腕で支えていると考えると恐ろしい腕力ですよね。
Texas Triggers – 1000 yd SHOT standing w/ .50 cal – YouTube

関連記事

50口径のライフルをぶっ放す時は決して横に立ってはいけない - DNA

名銃対決、M2重機関銃とミニガン、当たりやすいのはどっち? - DNA

AC/DCの「Thunderstruck」をBGMに色々な銃をスローモーションでぶっ放す動画 - DNA

iPhone 5の「50口径のライフル弾に対する脆弱性」はどれくらい改善したのかが分かる動画 - DNA

「世界最大のリボルバー」の貴重な実射シーンの動画 - DNA

一触即発、お尻に20mm対空砲の弾丸を入れて抜けなくなった男が病院に搬送される - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧