アートとデザイン

映画に出てくる電話ボックスは危険がいっぱいなことが分かるコンピレーション動画


ほうほうの体で逃げ込んだ電話ボックスで味方に連絡をつけようとする登場人物、しかしその電話ボックスにはだいたいトラックが突っ込んできたり殺人鬼が待ち構えているもの。映画に登場する電話ボックスには絶対近づいてはいけないことが分かる動画です。


動画はこちらから。
Don’t go in the phone booth – YouTube

それにしても最近は電話ボックスが少なくなってしまいました。最近は「コロシテヤル」的なショートメッセージが届くといきなり自動車が突っ込んでくるようになってしまいました。映画の中での重要な小道具が減ってしまうのは寂しいものですね。

作品リストはこちら:

Anchorman
The Matrix
Duel
Vacancy
Repo Man
Death Machines
The Birds
Commando
Jumpin’ Jack Flash
Phone Booth
Falling Down
Psycho III
Futurama
Rain Man
The Three Stooges in “Brideless Groom”
High Anxiety
Dumb & Dumber
Airplane

関連記事

[閲覧注意]子ども向け映画のトラウマになりそうなシーン50連発動画 - DNA

バレンタインが楽しくなかった人向け、映画の中の「中指を立てるシーン」45連発 - DNA

思わず元気が出てしまう「イッツ・ショータイム!」と叫ぶシーンだけ91連発 - DNA

意外に名セリフが多い?映画の中の「脅し」を入れるシーン100連発 - DNA

SF映画の「未来っぽいシーン」をとにかく詰め込んだコンピレーション動画「The Future」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧