アートとデザイン

タランティーノ監督のチームが「カット!やり直し!」の時に叫ぶ言葉が映画への愛にあふれて感動的


セリフが詰まった、大道具の移動に失敗した、どうも演技がしっくりこない……「カット!やり直し!」の声はどうしてもネガティブになりがちです。でもタランティーノ監督とそのチームは、一味違いました。これなら「もう一回!」とがんばれること間違いありません。


その思わずぐっとくるセリフはこちら:

「ジャンゴ」に出演したジェイミー・フォックスによれば、これはタランティーの監督のチームの得意技なんだとか。

「今のはよかった!ここでやめてもいいけどもう一回いこう!なぜって?俺たちは映画を撮るのが大好きだからさ!」

監督のチームは俺たちが疲れてくると、こうやって盛り上げてくれるんだ。

とのことです。「それじゃもういっちょやってやるか!」と言う気分になってきます。「好きでやってんだろ!?」とネガティブにならないところがポイントですね。

実際に叫んでいる動画はこちら。「イングロリアス・バスターズ」撮影中の一コマです。
MALDITOS BASTARDOS – We Love Making Movies – YouTube

こちらはこのまま再生できないのでジャンプ先のサイトでどうぞ。「ジャンゴ」撮影中の動画ですね。3:10あたりから最後にかけてチーム全員が叫んでいるのが聞けます。
‘Django Unchained’: Leonardo DiCaprio on Quentin Tarantino | Inside Movies | EW.com

「大好きだから!」と心からいえる仕事をやっている人たちは実に楽しそうです。自分の仕事もこんな風に頑張っていきたいものですね。

関連記事

結構意外?クエンティン・タランティーノによる13歳の女の子のファンレターへのお返事 - DNA

大物俳優勢ぞろい、タランティーノ監督製作映画「パルプ・フィクション」の舞台裏の貴重な写真20枚 - DNA

これは納得、非常に高い知能指数(IQ)を持つ各界の有名人たち16人 - DNA

[閲覧注意]ほとんどスプラッターな映画「キル・ビル」の壮絶な殺陣シーンの撮影舞台裏写真10枚 - DNA

マジかっこいい「スローモーション+横一列」で歩くシーンのマッシュアップ動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧