世界のびっくりニュース

自分で飛び上がってバリケードの向こうの敵を倒す新型手りゅう弾の動画


バリケードの向こうに隠れた敵を撃つ方法は最近いろいろと考えられています。こちらの手りゅう弾はそのうちの一つ。バリケードの上まで自分で飛び上がって空中で破裂、伏せた敵に鉄球をばら撒くという恐ろしい手りゅう弾です。


この手りゅう弾はラインメタル社が開発し、現在スウェーデン軍に配備が進んでいるもの。

サイズはごく普通の手りゅう弾と同じくらい。

バネ式の「足」がポップアウトしてすくっと接地するようになっています。足を外して投げれば普通の手りゅう弾になります。

手順はこちら。投げ込むとまず「足」を展開して成立、上に飛びあがった後爆発します。従来の手りゅう弾でも着火してから投げ込むまで少し待てば同じ効果を得られますが、これならより安全に行えます。

手りゅう弾対策として深い溝や縦穴に投げ込むことで爆発の力を上だけに逃がす、という方法がとられますが、空中に飛びあがられると手の打ちようがありません。

実際に見てみましょう。
Шведская прыгающая граната AB HGr / Swedish Jumping Hand Grenade AB HGr – YouTube

投げ込むとまずぽっと小さな砂煙が立ち上がり、正立します。

そして上に飛びあがり……

爆発。一部の対人地雷もこうして爆発しますね。

半径5m以内に98%の破片が飛び散り、余計なものを破壊しません。

こういう感じにバリケードの向こうに伏せている敵(の位置に置かれたターゲット)を攻撃するのはなかなか大変ですが……

このように無数の着弾痕が残ります。

市街地戦がメインとなっている昨今、こうしたエアバースト(空中破裂)弾は色々と研究されています。こちらはアメリカ軍が実戦テストを進めているXM-25。レーザーで距離を測りで、ちょうどバリケードを飛び越えたところで爆発するようになっています。
!!NEXT GENERATION WEAPONS:THE XM25 AIRBURST!! 12/2009 – YouTube

ソース:Soldier Modernisation | Sweden to Field Air Burst Grenade in 2011 (SWEDEN)

関連記事

反動制御システム入り新型短機関銃「KRISS Vector」の不思議な動きをとらえたスローモーション動画 - DNA

名銃対決、M2重機関銃とミニガン、当たりやすいのはどっち? - DNA

割と実現、30~40年代くらいに予想された最新兵器の想像イラスト30枚 - DNA

自動車と一輪車のいいとこどり、近未来感あふれる両輪型シティコミューター「EDWARD」 - DNA

恐怖の兵器、兵士の糞便を発射する「特殊砲弾」がロシアで発明される - DNA

ロシアの戦略ミサイル軍は最終兵器「核ミサイル発射用ハンマー」をもっていた - DNA

レーザー誘導により恐るべき兵器と化したドーベルマンの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧