ネット・PC

IIJの「1000円SIM」に無料で500MB/月の高速通信クーポンが提供


先日、DNAでは2台目・3台目のモバイル機器にローコストで3G通信が可能になる「1000円SIM」についてお伝えしました。そのうち多くは高速通信のためのクーポンが別売りとなっていましたが、今回IIJは、従来の「1000円SIM」のユーザーに対し、無料で500MB/月の高速通信クーポンを提供するようプラン内容を変更しました。


今回のプラン変更は、6/1から始まる「増量先取り!ご愛顧感謝キャンペーン」の一環として行われるもの。

IIJ社がドコモの3G/LTE回線網を利用して提供する「IIJmio高速モバイル/Dサービス」のうち「ファミリーシェアプラン(2940円/円)」「ライトスタートプラン(1974円/円)」では従来から無料で高速通信クーポンが1GB分付与されていましたがこれが2GBに増量されます。

またいわゆる「1000円SIM」である「ミニマムスタートプラン(945円/月)」では無料クーポンが提供されていませんでしたが、新たに毎月500MB分が提供されることになりました。

高速通信を利用する際は、専用アプリかIIJmioホームページ(PCサイトのみ)で切り替えます。2013年4月から余ったクーポンは翌月まで持ち越せるようになったので、料金に無駄がありません。もちろん追加で購入可能で、使い切っても200kbpsで通信できます。

「500MBは少なすぎて役に立たない!」という人もいるかと思いますが、アメリカでの調査によると6割程度の人は携帯電話で500MB以下しか通信していません。テザリングでバリバリ使うのはさすがに無理がありますが、2台目・3台目用途ならば、十分に実用範囲です。

先日、OCNが「1日30MBまではLTEで高速通信無料」の「OCN モバイル エントリー d LTE 980」を提供開始し人気を博しています。2013年5月23日からLTEだけでなく従来の3G回線も使えるようになるので、IIJとOCNのどちらの「1000円SIM」にするか、頭を悩ませることになりそうです。

ソース:IIJ、「IIJmio高速モバイル/Dサービス」において高速通信可能なデータ量を増量 | 2013年 | IIJ

関連記事

「月1000円でつなぎ放題のSIMカード」で便利になる5つのこと - DNA

5万5千件の調査で判明、「パケット定額制廃止」でも通信量は変わらない - DNA

ドコモ回線で利用できる「SIMフリー版 iPhone 4」などのスマートフォン本体と日本通信のSIMカードがセット販売へ - DNA

まさにAmazonの「戦略兵器」、維持費無料の3G回線でやりたい放題できる「Kindle 3G+Wi-Fi」ハードウェアレビュー - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧