アートとデザイン

「はやぶさ」の旅を成功させた「あのダイオード」の指輪「はやぶさリング」販売中


小惑星「イトカワ」に到達しサンプルを採集、2010年に地球に戻ってきた人工衛星「はやぶさ」の旅は往復のべ約60億キロ。人間が作ったものの中では最も長い距離を旅して帰ってきた「はやぶさ」の命綱となった「あのダイオード」を使った指輪「はやぶさリング」が登場しました。


「はやぶさ」の7年間の旅は現在のロケット製造・運用技術の限界を知る旅でもありました。極低温に宇宙放射線、過酷な環境の中様々な部品が機能を喪失していきます。その中には4つ搭載され、そのすべてが機能を失ったメイン推進装置「イオンエンジン」がありました。

イオンエンジンは「イオン源」と「中和器」で構成されていますが、あるエンジンは「イオン源」が故障し、またあるエンジンは「中和器」が機能しなくなったのです。個別に機能する部品はあるのに、2つがつながっていない。どうにもならない、と誰もが考えたその時、「はやぶさ」の設計者はこう言ってのけたのです。

実は言いにくいのですが、つなげてあるんです

この「つなげてあるんです」を実現させていたのが「はやぶさリング」に使われているダイオード。数グラムの変化が命取りになる宇宙機で、打ち上げ寸前に滑り込ませた小さな部品が「はやぶさ」のイオンエンジンを復活させ、一大センセーションを巻き起こしたあの成功に導いたのでした。

「はやぶさリング」を制作したのは電子部品を使ったアクセサリーショップ「さのもの」。電子工作ブログ「熾火研究所」が「おそらくこれだろう」と特定したマイクロセミ社の軍用規格ダイオードを、透明なレジン樹脂で覆った指輪です。13、16、19号の各サイズが用意されています。

はやぶさリング – 058 | さのもの

人類史上最も遠いところから帰ってきた人工衛星を支えたパーツ、といえばお守りにピッタリではないでしょうか。価格は1万5千750円で販売されています

そのほか「さのもの」では様々な電子部品を使ったアクセサリーが販売されています。以下はその例。

基板 まるえすカフス(緑) – 054 | さのもの

電子部品 おもちゃリング – 001 | さのもの

LED ゆれる桜色ピアス | さのもの

ものに魂がやどるというのは日本に独特の表現だそうです。電子部品たちが作り出すストーリーに思いをはせてみるのもいいかもしれませんね。

一覧はトップページから。
さのもの

関連記事

エリア51で働いてたけど何か質問ある? - DNA

宇宙ファン必見、NASAのエンジニアによる解説付き「ザ・ベスト・オブ・シャトル打ち上げ」動画 - DNA

空想科学イラストの旗手、小松崎茂のボックスアート作品いろいろ - DNA

土星探査船カッシーニ発・宇宙の神秘を感じる動画「CASSINI MISSION」 - DNA

夢と希望にあふれた50~60年代のソ連の宇宙開発プロパガンダポスター33枚 - DNA

世界初の有人宇宙飛行に成功した「ヴォストーク宇宙船」の同型機がオークションへ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧