アートとデザイン

超簡単、人手も機材も節約できるカッコイイ特殊効果の撮影テクニック3選


予算は少ないけどかっこいい映像を撮影したい……というとき、少ない人手と機材で実現できてしまうこういうエフェクトはとても便利です。どれもものすごく簡単に撮影可能です。


まずは「スワイプカット」。投げられたナイフを、何かに刺さるまで追いかけるというアレです。当然成功するまで撮影するわけではありません。

こんな感じで投げたところ、飛んでいるところ、何かが刺さるところの3つに分割、背景が流れているカットをそれぞれ分けて撮影して……

いい感じのところを切り出してつなぐだけです。

三脚を使えば役者だけでも撮影可能です。きれいに背景を流せるなら手持ちカメラでももちろん撮影できます。

撮影するときは複数のカット間で色味や明るさが変化しないよう、カメラの設定は「マニュアル」にしておきましょう。

次はスプリットスクリーン。三脚をしっかり固定して、右、左、真ん中と切り出して貼り合わせると、役者は2人しかいないのにたくさんのギャングが登場するように見えます。

こちらは別の動画ですが、わずか3人で「ノルマンディー上陸作戦」の大軍勢を再現してしまう動画。同じ仕組みで撮影されています。
Richard Hammond presents Bloody Omaha (The Graphics) – YouTube

エキストラをたくさん雇うことが出来ないときなどに効果的。

そして集音マイクやアテレコ設備がないときはスマホのマイクを使いましょう。こんな風に距離が離れていても、役者のそばにマイクがあればきれいに録音できます。

最近では民生用の機材もかなり高性能化しているので、簡単に凝った映像が撮影できます。撮影の労力が軽減される分をアイディアに振った作品が出来上がってくるのが楽しみですね。

動画はこちらから。
3 Tricks For Your Impossibly Small Film Crew on Vimeo

ソース:Three Tricks For Your Impossibly Small Film Crew on Vimeo Video School on Vimeo

関連記事

映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」三部作の特撮の様子がよくわかる貴重な写真23枚 - DNA

特撮映画の歴史を塗り替えた「タイタニック」がどのように撮影されたのかがよく分かる写真いろいろ - DNA

映画の特撮をやる会社でバースデーパーティーをやってはいけない - DNA

CG不使用、完全に人力でやり切ったロシアの特撮バイク動画がすごい - DNA

特殊効果盛りだくさんな映画のワンシーンとその撮影風景を比較した写真20枚 - DNA

「トランスフォーマー3」驚愕の特撮技術、ビルとビルの間を生身で飛ぶシーンはどうやって合成した? - DNA

「マトリックス」の一大銃撃戦シーンの音響を全てアカペラで歌い上げた驚異の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧