アートとデザイン

重厚な美しさ、米軍所属カメラマン達の写真コンテスト「MILPHOG」の2012年度受賞作品


アメリカ軍は専門の部隊を編制してカメラマンを養成するなど、写真を使った広報の重要性をよく理解しています。そのアメリカ軍が毎年行っているのが全軍の有資格カメラマンが腕を競う「MILPHOG」コンテスト。厳しい環境での一発撮りが多くなる戦場での写真ですが、それを乗り越えてきた参加作品はどれもこれもパワフルのひとことです。


国防総省下で広報、宣伝を研究しているアメリカ軍防衛情報学校が主催するVIAP(Visual Information Award Program……視覚情報業績評価プログラム)では毎年写真や映像、絵画などから優秀なものを選ぶコンペ「MILPHOG」が開催されています。

参加できるのは合衆国4軍の現役・予備役に属する有資格者。写真部門では写真部隊である「コンバット・カメラマン」達や軍新聞の記者達がその腕を競い合います。加工は従来の暗室技術で可能なものに制限され、もちろん「ヤラセ」は厳禁。題材もドラマチックなものが多く、とても見ごたえがあります。

作戦行動部門1位:「暗中を捜索するアフガニスタンの兵士たち」

作戦行動部門2位:「バザールの巡回」

作戦行動部門3位:「スレ・カラでパトロールを行う軽装甲偵察部隊の海兵」

審査員賞:「痛みをとおして」

審査員賞:「緑の目」

審査員賞:「衛生兵!」

訓練部門1位:「パトリオット・フック12」

訓練部門2位:「名前・階級・認識番号」敵に捕らえられた際の訓練の様子。

訓練部門3位:「なぜ俺は飛行機よりも高いところにいるのか」

審査員賞:「左へ、左へ」

審査員賞:「戦争の霧」

審査員賞:「国家があなたのために何をするかではなく」

審査員賞:「ちらっ」

審査員賞:「無題」

審査員賞:「エメラルド・ウォリアー演習2012」

審査員賞:「助けの手」

装備部門1位:「頭上に注意」

装備部門2位:「激しくいくぜ」

装備部門3位:「準備完了」

審査員賞:「乗ってく?」

審査員賞:「モバイル電子戦争」

審査員賞:「着陸するMC-130P」

審査員賞:「全国トレーニングセンター演習12-05」

審査員賞:「雷撃」アメリカ空軍の精鋭アクロバットチーム「サンダーバーズ」にちなんだ題名。

審査員賞:「止まり木のオスプレイ」

報道部門1位:「レベル3火事」

報道部門2位:「緊急医療」

報道部門3位:「無題」各部隊対抗演習のスコアボードを撮影

審査員賞:「別れ難き」

審査員賞:「第2作戦集団第1分遣隊航空部隊」

審査員賞:「退役軍人記念日」

審査員賞:「病に倒れて」

審査員賞:「家路」

絵画的表現部門1位:「抱擁」

絵画的表現部門2位:「星座」

絵画的表現部門3位:「クライシス・チャレンジ演習09-12B」

審査員賞:「仲間と絆」

審査員賞:「星空の管制官」

ポートレート部門1位:「支え」

ポートレート部門2位:「文化」

ポートレート部門3位:「女性交戦部隊」

審査員賞:「統合参謀本部議長」

審査員賞:「野獣のように」

審査員賞:「耐爆スーツ」

スポーツ部門1位:「投げ上げる」

スポーツ部門2位:「飛び込み」

「写真ストーリー部門」「映像部門」「絵画部門」などについては以下の公式ページから参照することができます。いずれも力作ぞろいです。

ソース:Defense Information School (DINFOS)

関連記事

ホンモノのゴツゴツ感、軍用暗視レンズをつけたかっこ良すぎるニコン・D700 - DNA

壊滅的被害を受けた仙台空港に強行着陸、資材の輸送に米空軍特殊作戦軍団が活躍 - DNA

つかの間の休息、戦場でまどろむ兵士たちの画像23枚 - DNA

アフガンの米軍兵士によるペンタックスの一眼レフ「K-5」と「K-7」の防塵防滴構造のテストしている動画 - DNA

[字幕動画]音楽の力、狙撃兵を止めるため響き渡った「戦場のトランペット」 - DNA

戦場から戻るお父さんを自分の足で出迎えるため、一生懸命リハビリをした6歳の男の子 - DNA

戦いは人の顔をどう変えてしまうのかが分かる写真集「Marked」 - DNA

ベトナム戦争時代に配布されたマンガ式「M16分解清掃マニュアル」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧