ネット・PC

Chromeで開いた大量のタブを一発でまとめてくれる拡張機能「OneTab」


調べものをするために資料のページを探しながら、息抜きにFacebookやゲームのサイトを見つつ、さらにストリーミング動画を流しっぱなしにする……とやっているといくつタブを開いても足りませんし、メモリも大量に消費してしまいます。そういう時は「OneTab」でタブを一つにまとめてしまえば、すっきりと目的のタブを探したり整理したりすることが可能です。


まずはChromeストアから「OneTab」をインストールしておきましょう。後は簡単。

タブを開きすぎるとこの画像のように何のために開いたタブなのかまったく分からなくなります。これくらいタブを開きすぎたな……と思ったら赤丸のOneTabボタンをクリック。

このようにタブの一覧がまとまります。タイトルがすべて表示されるので簡単に整理できるようになります。日付別、ウィンドウ別で一覧になるのでいつOneTabボタンを押しても迷うことなく目標のタブを探すことが可能です。ここから「Restore All」で全タブの復活、「Delete All」で全タブの消去が行えます。もちろん個別に復活・消去が可能です。

「Export URL」ではこのように全タブのURLとタイトルの一覧をテキストデータで取得できます。メールに添付して送る時に便利ですね。

OneTab前とOneTab後のメモリ使用量比較。単に見やすくなるだけでなくPCのパフォーマンスも向上します。

ソース:Chrome ウェブストア – OneTab

関連記事

とあるFirefoxアドオンのプライバシー・ポリシーがものすごいことになっていた - DNA

無料で簡単に画像データを最適化、がっつり容量を削減できるウェブアプリやフリーウェア26個 - DNA

どんなサイトも一発で「ワイヤーフレーム」に変換してしまうブックマークレット「Wirify」 - DNA

Google提供、Webページ表示スピードの無料診断をオンラインで行なうサービス「Page Speed Online」 - DNA

[字幕動画]PicasaやBuzzなど、GoogleのWebサービスのデータをまとめてバックアップできる「Google Takeout」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧