アートとデザイン

名作SF「ブレードランナー」公開前の視聴者アンケートは酷評だらけだった


ディックの原作をもとにしたSF映画「ブレードランナー」は今見ても斬新さを感じる作品ですが、公開当時の1982年にはあまりにも斬新過ぎたようです。試写アンケートにはかなりの酷評が記されており、いかに実験的な作品であったかが分かります。


「ヴァンゲリスの音楽はどこいった」というマーケティング的な問題を皮切りに、「音声の吹き替えがダルい」「声が麻薬中毒者っぽい」という乾いた演出への批判、「オープニングがぶつ切りすぎてわけがわからない」「●●というシーンの意図が不明」など、現在「ブレードランナーっぽい」要素として語られている部分が全否定されています。
Brutal notes from an early screening of “Blade Runner” – Imgur

これだけのアンケート結果に耐えて作品を守った制作スタッフの苦労を思うと、また違ったストーリーが見えくるようですね。

関連記事

すべての物語はつながっている……SFの歴史をまとめたインフォグラフィックスがすごい - DNA

「東京×ブレードランナー」なタイムラプス動画「android dreams」 - DNA

フィリップ・K・ディックの歴史改変SF「高い城の男」がリドリー・スコットによってミニTVシリーズへ - DNA

やっぱりSFは最高だ、SF映画の強烈なシーンを100個以上つないだリミックス動画「Science Fiction: A Supercut」 - DNA

これは別物「2001年宇宙の旅」の予告編を今風にリメイクするとこうなるという動画 - DNA

1960年代の最先端「ベル研究所」のSF映画のような内部写真いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧