科学と技術

[閲覧注意]直流電気と交流電気、どっちが痛いか試してみた動画


電気には常に一方に流れていく「直流」と方向が入れ替わり続ける「交流」の2種類がありますが、もし拷問などに使う場合、どちらがより効率がいいのでしょうか。実際に両方で試している、大変勉強になる動画です。勉強にはなりますが閲覧には注意です。


人体で一番電気抵抗が低いのは舌だそうで、舌を使って試します。まずは直流での通電テスト、ですが……

設定値をミスって死にかける。そりゃ25.6Vは痛いでしょう。

直流の場合、9Vで大分痛みを感じ、12Vで限界がくるそうです。

次は交流の場合。交流では電気の方向が入れ替わる回数、つまり周波数がいろいろあります。電気を流すと筋肉が動くのですが、周波数を変えるとうねうねと動く速さが変化するのがわかります。

というわけで交流でテスト。ここに至るまでに何回もショートさせたり感電したりしてるので、そちらも注目の動画です。

交流の場合、6Vちょっとで限界。直流のほぼ半分くらいですね。

動画はこちらから。
The Pain of Electricity (AC versus DC) – YouTube

「女性のほうが痛みに強いので、この値は変化するだろう」と冷静な考察コメントが入っていました。是非女性による実験も見てみたいところですが、ものすごく危険な実験なので絶対マネしないようにしてください。

関連記事

選手にリモコン電撃を加えられる観客参加型スポーツ「電撃サッカー」の動画 - DNA

戦慄の動画「電撃ハエ叩き」におしっこをかけるとこうなる - DNA

3万ボルトの電撃で盗難を防ぐブリーフケース「Super Safety Suitcase KP-SP01」 - DNA

60m先のターゲットを5万ボルトの電流でノックダウンする電撃ウェポン「Taser Grenade」の動画 - DNA

これは期待通り、電流フェンスから順番に手をつないでいく感電実験の動画 - DNA

見えない危険、1930年に描かれた「感電死」を解説するイラスト30枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧