アートとデザイン

貨物列車に無賃乗車してアメリカ中を旅してまわった写真集「A Period of Juvenile Prosperity」


ひとつのところに落ち着くことなくただ流れ続ける列車からの景色は、まさに人の若い日々そのもの。貨物列車にこっそり乗り込み、実に8万km以上も旅してまわったある若い写真家の作品集です。


撮影したMike Brodieは2002年、17歳の時初めて貨物列車の旅を始めました。何度目かの旅の途中、ポラロイドカメラを手に入れた彼は列車からの風景や同行者達の撮影をはじめました。今は35㎜フィルムカメラに持ち替えた彼の写真には、苦労や悲しみ、汚れなど、旅のリアリティがありありと写し込まれています。









その他の写真は以下のリンクから。

ソース:Yossi Milo Gallery – Artists – Mike Brodie

関連記事

混沌としたインドの旅で食べたうまい物をギュッと1日にまとめたショートフィルム「A Day in India」 - DNA

世界17カ国を343日にかけて旅した軌跡をまとめた、美しく魅力的なタイムラプス動画「Time is Nothing」 - DNA

[字幕動画]南極一人旅中、とあることで狂喜乱舞した瞬間をとらえた動画 - DNA

1961年にフォルクスワーゲン・コンビで3つの大陸を旅した写真集「The Kombi Trail」 - DNA

アメリカのマザー・ロード「ルート66」を起点シカゴから終点サンタモニカまで3755kmを走破したタイムラプス動画 - DNA

2ヶ月間のアジア旅行で撮影した毎日1秒間の映像を1分半にまとめたショートフィルム「One Minute Vacation」 - DNA

ザ・大名旅行!インドを走る世界一豪華な列車「マハラジャ・エクスプレス(Maharaja Express)」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧