アートとデザイン

[字幕動画]あのアンドロイドっぽいお手伝いロボットが少しずつ狂気に蝕まれるホラーSFショートフィルム「Blinky」


ロボットに命令するときは注意した方がいいのかも、だって機械はあんまり融通がきかないのだから……お手伝いロボットでありお友達の「ブリンキー(Blinky)」が少しずつ狂っていって……というホラーSFです。最後の2分くらいが残虐なのでやや注意が必要です。


主演は映画「かいじゅうたちのいるところ」に出演した子役、マックス・レコーズ。監督は以前に「アキラ」映画化の際にも指名されたルアイリ・ロビンソン。

下の「Select Language」タブから「Japanese」を選択して再生すると字幕が表示されます。動画が表示されていない場合は、何度か「F5」キーを押してページの表示を更新してみてください。
Blinky- with subtitles | Amara

 
以前にも話題にしたのですが、やっぱりコイツに似ているような気がします。
YouTube – Android on crack..lol

関連記事

あのアンドロイドに似たロボットが登場するSFスリラー?映画「Blinky」のティーザー動画 - DNA

史上最も正確な「HAL9000」の壁掛けおしゃべりレプリカが登場 - DNA

対決動画、iPhone4SのSiriさんはファービーの言葉を理解できないことが判明 - DNA

人工知能を産むための人間そっくりの骨格と筋肉をもったロボット「ECCEROBOT」 - DNA

江戸時代のオーバーテクノロジー「からくり人形」を捉えたドキュメンタリー「Karakuri」 - DNA

[閲覧注意]「死」とは何か?脈動しない人工心臓を開発した医師のドキュメンタリーフィルム「Flatline」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧