世界のびっくりニュース

「誘拐されていた」と恋人を放置した言い訳をしようとした男が逮捕


愛情というのは放置すると冷めてきたり相手に怒りを覚えたりするものだそうですが、そういう怒っている恋人が怖くてたまらないあまり「誘拐されていた」という言い訳を思いついて警察を騙そうとした男が捕まりました。


アメリカはニューヨークのブルックリンで、夜中の1時ごろ、通行人が2台の車の間に誰かががんじがらめに縛られて転がされているのを発見しました。

通行人は即通報し、やがて警察がやってきました。男は近隣に住むラーメル・ペットウェイという36歳の男性で「ミニバンに乗った2人組にいきなり殴られて目隠しされ、どこかに連れ去られていた」とのこと。たしかに殴られた跡があり、骨も折れているようなそぶりでした。

しかし、よく見ると手首を縛っていたガムテープの束がそのままぶら下がっていたため警官が問い詰めたところ、実は「2週間彼女をほったらかしていた言い訳が欲しくて狂言誘拐を思いついた」ということが発覚しました。

転がされていた現場をたまたま目撃していた近所の女性によれば「警官が何度も『大丈夫か?』と聞くのを聞いた」とのことで芝居のほうは大変うまかったようですが、今一つ根性が座っていない様子。狂言だったことを知って「キモいわね。男らしく結果に向き合えばいいのよ」とコメントしています。

ところで警察は「狂言誘拐を思いつくほど怖い彼女」についてはどう考えているのでしょうか。ドメスティック・バイオレンスがちょっと心配です。

ソース:EXCLUSIVE: Brooklyn man fakes his own kidnapping, duct-taping himself, to explain two-week absence to girlfriend – NYPOST.com

関連記事

元イギリス軍の爆発物処理班員、浮気がバレて妻の車を爆破 - DNA

ブラジル女性の情熱的復讐、浮気した夫の車をボコボコに破壊して華麗に去っていく動画 - DNA

SNS上で彼女の代わりに甘い会話の相手をしてくれるWebサービス「Cloud Girlfriend」 - DNA

ITで起業しちゃった人とデートしてはいけない29の理由 - DNA

生まれた子どもがブサイク過ぎて整形手術がバレた妻に慰謝料を請求、離婚 - DNA

答えは一つではない……人生がいまひとつ楽しくない人の考え違い10選 - DNA

愛よ届け、思いっきり抱きしめるとコカ・コーラが出てくる自動販売機「Hug Me」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧