アートとデザイン

著作権に抵触しない「代用ハッピーバースデートゥーユー」コンテストが開催


1893年に作曲された「ハッピーバースデートゥーユー」は様々などさくさの結果、現在はタイム・ワーナー社が2030年まで著作権を所有しています。つまり現在、アメリカのお誕生会で勝手に歌うと使用料を取られる可能性もあるわけですが、それに対抗すべく著作権に抵触しないオープンな「お誕生日ソング」を新しく作ろう、というコンテンストが行われました。


通常、著作権は制作者の死後50年間保護されます。しかしアメリカでは1998年、「ミッキーマウス」の著作権切れが間近にせまったディズニーが議会に働きかけて著作権保護期間が延長され、著作権発行後95年間保護されるということになりました。

このため、本来なら1991年までに消滅するはずだった「ハッピーバースデートゥーユー」の著作権も延長してしまいます。超ポピュラーな曲だけに影響範囲も広く、そういうわけでこんな風にいろいろと「代用バッピーバースデートゥーユー」が作られ著作権が回避されてきました。
Happy Birthday Alternatives in Film and Television on Vimeo

しかしいくらなんでも2030年までお誕生日ソングの著作権が消滅しないのは不自由だ、というわけで「The Free Music Archive」が主催したのがこちらのコンテスト。非常に多様な作品が集まり、その中からトップ3が選出されました。

1位: MONK TURNER + FASCINOMA「It’s Your Birthday」(楽譜
お誕生日を祝われる人の名前を入れるところがないのが難点です。

2位:BOB BARTA「Alternative Birthday Song」(楽譜
いろいろとそっくり過ぎです。

3位:The Blank Tapes「It’s Your Birthday!」
メロディラインがかわいい。

そのほかにも様々な作品が「Free Music Archive: The New Happy Birthday Song Contest – The New Birthday Song Contest」で公開されています。

ちなみに日本では、本語歌詞版については2059年まで著作権が有効ですが、英語版歌詞について2007年で著作権が消滅しているので英語で歌う分には特に問題ないようです。

ソース:Free Music Archive: The New Happy Birthday Song Contest

Free Music Archive: Happy Birthday Song Contest Winners

関連記事

YouTubeの著作権管理が結構イイカゲンだったことが判明 - DNA

ソフトウェアのライセンスを違法共有サイトに1回アップすると77万4千651回コピーされる - DNA

目に見えない特殊な信号を照射して映画の盗撮をシャットアウトするためのデバイス「DFS-3」 - DNA

「空中サーバーなら差押えられない」P2P情報サイト「The Pirate Bay」が空中サーバープラットフォームを計画中 - DNA

映画「ハート・ロッカー」を違法ダウンロードした人のIPアドレス2万4583件が公開 - DNA

「月間アクティブユーザー数は1億人」BitTorrentが考える新しい著作権の形とは - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧