科学と技術

「仕事中の私用ネット禁止」は生産性を落としてしまうことが判明


海外のWebページではセクシー画像に「見てるのがバレたらクビになるぞ」という意味の「NSFW(Not Safe For Work)」という略語がつけられます。それくらい「仕事中のネットサーフィン」は嫌われていて監視されているのですが、これは本当に悪いことなのでしょうか。実は「ネットを我慢させると生産性が落ちる」という噂は事実だったのです。


研究を行ったのは、イタリアのヴェローナ大学、アメリカのジョージ・メイソン大学、デンマークのコペンハーゲン大学の研究者チーム。

職場では様々なルールによって「幸福感をガマンさせる」ということが行われていますが、ガマンにはエネルギーが必要で、その分仕事にまわすエネルギーが足りなくなる……ということが今回の「Temptation at Work(職場における研究)」と題された論文で明らかにされました。

実験では被験者60人を30人ずつ2つに分けて比較が行われました。手順は以下の通り。

1フェーズめ:
「8人が違う色のボールでキャッチボールをするという動画を見ながら、特定の色のボールが何回行き来するかをカウントするタスクを3回行います。回数が一致、あるいは1~2回のミスであれば賞金が出ます。これはタスクの中でも質を求められる「出来高払い」モデルに近似させています。

2フェーズめ:
半数(NWT……No Willpower Treatment)はスクリーンでおもしろ動画を見た後そのまま10分休憩します。
もう半分(WT……Willpower Treatment)も休憩しますが、スクリーンには「動画再生ボタン」が表示され「ボタンをクリックしないこと」と指示されます。横の部屋からは動画の音声が聞こえてきており、誘惑をガマンしなければなりません

ちなみに1回押すと「押さないよう指示されているはず」と表示され、さらにもう1回押すと誘惑に負けたと判断されてテストから除外されます。2回押したのは30人中1人だったそうです。

3フェーズめ:
1フェーズめとおなじカウントタスクを10回行います。

1フェーズめと3フェーズめのテストの結果がこちら。グラフは低いほどミスが少なく好成績であることを表します。NWTが休憩組、WTはガマン組となります。

1フェーズめのテストの差は偶然です。3フェーズめは1フェーズめと同じテストなので学習効果が発生し、両方のグループでエラー数が減少しました。しかし、休憩したNWTのほうがガマンしたWTよりも成績がよくなっています。

目の前に楽しそうなことがあるのに触れることができない、というように誘惑をガマンしなければならないというのは、精神的なエネルギーを消費させパフォーマンスを落としてしまいます。

もし職場でネットを制限するとすれば、完全に遮断してしまって「つなげられるのにガマンしなければならない」状態を断つか、あるいはルールとして「ネット休憩」の時間を設けるなどの工夫が必要となる、と研究者は語ります。

また、生産性を上げるためにはエネルギーがどう消費されるかだけでなく、どう回復するかを知ることも重要。学習効果にも差がでたことから、楽しみと精神的なエネルギーの関連についても研究がすすめられるとしています。

ソース:Internet temptation at work lowers employee productivity

関連記事

[字幕動画]ライフハックではやる気が出ない人でも奮い立つようなスピーチの動画 - DNA

アメリカ軍の訓練教官たちが素敵な表情で怒鳴りまくっている写真29枚 - DNA

「やることが多すぎる」のに「結果が出ない」のはなぜなのか - DNA

「ロッキーのテーマ」を聞くとなぜか頑張ってしまう習性を利用したイタズラ動画 - DNA

指揮者の「動き」がオーケストラに対し視覚的に影響を与えることが科学的に証明される - DNA

現代経済学に挑戦「超科学を根拠に投資するファンド」が登場 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧