アートとデザイン

「家にともる灯り」で遠くの相手の様子をしらせるロマンティックなクラウド照明「Good Night Lamp」


夕闇せまる家々の窓の明かりには、姿ははっきりしないけれども確かに人間の存在を感じることができます。そんななんともいえない雰囲気をインターネット越しに実現しているのがこの「Good Night Lamp」。ネットの向こうにいる大事な人がいまどう過ごしているのかを、ランプのオン・オフで表現します。


「Good Night Lamp」は大小1対となった家型の読書ランプ。このように大きなほうのランプを点灯すると……

ネットワークの向こうにいる小さなランプが点灯します。

自分の家の分身である「小さな家」は自由に増やせます。

例えば、寝室にいる子どもが読書を終えてもう寝ようかな、と大きなランプを消すと……

居間にいるお母さんにそれが分かるという仕組み。

ソーシャルネットワークサービスやメッセンジャーソフトでもその人の状態を表示することはできるのですが、もう少し風情のある方法でお互いの存在を感じることができないかという思いを、イギリス・ロンドンのデザイナー集団が形にしました。

動画はこちらから。
Good Night Lamp on Kickstarter on Vimeo

このプロジェクトは現在、Kickstarterにて出資の募集中。89ポンド(1万2千円)で1ペア手に入れることができます。家族やカップルどうしで持ち合うと面白いのではないでしょうか。

ソース:Good Night Lamp by The Good Night Lamp team — Kickstarter

関連記事

色々な思い出を思いっきり格納しておくことができる「USBメモリ入りロケット」 - DNA

「思っていたよりもずっといいデートだった」という体験談いろいろ - DNA

婚約者にフられた男、婚約指輪を売って「マスター・チーフ」のアーマーを手に入れる - DNA

「恋のキューピッドもラクじゃないよ……」天使の孤軍奮闘コメディ手作りCGアニメ「Cupidon」 - DNA

理系っぽく愛をささやくメッセージ入りイラストいろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧