科学と技術

50口径のライフルをぶっ放す時は決して横に立ってはいけない


直径0.5インチ(約12.7mm)という個人用としてはかなり大きい部類に入る50口径のライフルは、威力もすごいですが音や周りに噴きだす火薬の燃焼ガスもかなりのもの。なので撃つときはあんまり近くにいると、いらぬとばっちりを受けることになります。


テーブルの上に色々なものを置いて実験。さて、これらはいったいどうなってしまうのでしょうか。
Woman Clears the Table with a 50 Caliber – YouTube

ちなみにリボルバーも結構あぶない。弾を入れるシリンダーと銃身の間には隙間があり、そこから火薬ガスが飛び出すので指の位置によっては大怪我をします。

最初に隙間から、そしてその後に銃身から火薬ガスが出ていることが分かる動画。危険ですね。
S&W 500 magnum slow motion (cylinder gap) – YouTube

関連記事

iPhone4Sの意外な弱点、50口径のライフル弾には耐えられないことが判明 - DNA

あわや大惨事……手りゅう弾の訓練中に起きた事故の動画 - DNA

射撃場からライブ中継をするときによくあること - DNA

急所を爆風から守るための「軍用防弾パンツ」 - DNA

一撃必殺、世界最高齢の射撃選手はインドのチャンドロおばあちゃん - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧