世界のびっくりニュース

世界最速のガンファイター、ボブ・マンデン死去


全部で18個の早撃ち競技、一時はその全ての世界記録を持っていたまさに「世界最速のガンファイター」、ボブ・マンデンが心臓発作により70歳でこの世を去りました。最後の一射は私たちの心に風穴を空ける一発でした。


ボブ・マンデンは1942年2月8日に、アメリカミズーリ州・カンサスシティ生まれ。11歳で射撃を初め、高校に入るころには大人たちにまじって早撃ち競技に出場し、それから現在までに得た優勝トロフィーは3500とも言われています。近年はベッキー夫人とともに射撃ショーでその妙技を見せてまわるかたわら、早撃ち用のカスタムを行うガンスミスとしても活躍していました。

マンデンの特徴は豪速と言うにふさわしいスピード、そして群を抜く精度でした。100分の数秒という凄まじいタイムで射撃するにも関わらず、決して的を外さないのです。約2m離れた2つの風船を銃声が1つに聞こえるほどに素早く撃ちぬいたり、カードを縦に裂いたりという離れ業を持っていました。あるテレビ番組で測定されたところでは、その手の加速度は時に10G(戦闘機パイロットの身体的限界なみ)に達したといいます。

マンデンの早撃ち芸いろいろの動画。2つの風船撃ちは1:00あたりから。
Fastest shooter in the world. – YouTube

射撃の名手というのはたくさんいますが「伝説的な」という形容がなされるのはおそらくマンデンだけでしょう。ご冥福をお祈りしたいと思います。

ソース:Tuesday, December…

関連記事

銃口が跳ね上がらない幻の射撃競技用ピストル「MC-3」 - DNA

一撃必殺、世界最高齢の射撃選手はインドのチャンドロおばあちゃん - DNA

両足で45口径のハンドガンを射撃してしまう男のすごい動画 - DNA

アメリカ海兵隊、オーストラリアで銃剣突撃の極意を学ぶ - DNA

銃器インストラクターのクリス・コスタ氏、マグプル・ダイナミクスを退職し独立 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧