アートとデザイン

耳が幸せ、マライア・キャリーが小学校にある楽器の伴奏で「All I Want For Christmas Is You」を歌う動画


音楽において楽器のいい悪い、というのは大事な要素ではあるのですがかといって決定的なものであるかというとそうでもありません。本気の大人が存分に腕前を発揮すると、ピアニカやリコーダーなどのいわゆる教育楽器でもここまでハッピーなサウンドが出てきます。


使用しているのはピアニカやおもちゃの鉄琴、リコーダーなど学校で使ったことのありそうな楽器ばかり。凝った楽器でなくともいいサウンド出してます。下から飛び出るコーラス隊もいい感じ。
Jimmy Fallon, Mariah Carey & The Roots: “All I Want For Christmas Is You” (w/ Classroom Instruments) – YouTube

メンバーはアメリカのコメディアン、ジミー・ファロン、ヒップホップグループのザ・ルーツ、そして「7オクターブの歌姫」マライア・キャリー。メンバーが豪華だと簡単な楽器でもここまでできるわけですね。

関連記事

ホイットニー・ヒューストンの「えんだあぁぁあぁぁ!」が上手に歌えなくて自分を許せない少女の動画 - DNA

これはすごい、店頭のカラオケで「オールウェイズ・ラヴ・ユー」を熱唱する少女の動画で話題騒然 - DNA

恐怖と戦いながら歌うエクストリーム・カラオケ番組「Killer Karaoke」 - DNA

大観衆の前でアメリカ国歌を独唱中にマイクが故障……その時起きた奇跡 - DNA

45口径の鉛弾で「ジングル・ベル」を演奏するサンタの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧