世界のびっくりニュース

道路のど真ん中に陣取っていた中国の家、ついに取り壊される


先日お伝えした道路の真ん中のアパートに居座って補償金を吊り上げようとしていた中国の男性についてとうとう当局との合意に達し、アパートが取り壊されることになったことが明らかになりました。


中国・浙江省、温嶺(おんれい)市の大通りの拡張工事で、地元行政が提示する補償金の額に満足できなかったLuo Baogenとその妻。中国の平均月収が3万~5万元(約40万~66万円)のところ、26万元(約344万円)という補償金を提示され、取り壊しに合意したということです。

1. 見事に道路をふさぐアパート

2. しかしその日々ももう終わります。

3. 取り壊しがはじまりました。

4.

5.

ソース:No More House in the Middle of the Street – In Focus – The Atlantic

関連記事

立ち退き・地上げにたった一軒で抵抗している家の画像いろいろ - DNA

補償金目当てに大通りのど真ん中に居座る中国のアパートのあつかましい風景 - DNA

広大な中国各地に住む人たちに家の中の全てのものを見せてもらった写真 - DNA

目指せ革命天国、中国共産党によるプロパガンダ・ポスター15枚 - DNA

中国・北京にある文化大革命をテーマにしたレストラン「紅色経典主題餐庁」 - DNA

機動隊になりきって民衆を蹴散らせる「暴動鎮圧体験コース」がイギリスで話題に - DNA

教室でアミノ酸点滴をしながら授業……中国の厳しすぎる受験戦争の実態 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧