科学と技術

ピクサーの「デスクランプ」風に動いてくれる楽しいロボット「Pinokio Lamp」


孤独なデスクワークの最中、実は一番近くにいてくれるのはデスクのランプではないでしょうか。そんな存在なので、なるべくなら楽しいヤツのほうが精神衛生上にもいいもの。このランプ「Pinokio」はWebカメラで人間を認識、関節に埋め込んだサーボで表情豊かに動くというなかなか変ったやつなのです。


動画はこちらから。
Pinokio on Vimeo

顔認識や音のセンサで人間の場所を認識しています。なので手で顔を隠すとちょっと迷います。

相手をしてくれないと甘えるような感じで動く。

スイッチを切ると、なんと自分で入れなおします。

元ネタはこちらピクサーの初めての作品である「ルクソー Jr.」1986年にフルCGのアニメーションというのは画期的で、アカデミー短編アニメ賞にもノミネートされています。
Luxo Jr – YouTube

現在はオープニングのロゴにも登場していますね。
Disney/Pixar Intro – YouTube

関連記事

もしもピクサーが「エクスペンダブルズ2」を制作するとこうなる - DNA

ピクサー映画を可能な限り単純化したポスター10枚 - DNA

量産型・刀削麺ロボット軍団のものすごく威圧的な動画 - DNA

不気味な速さ、DARPA謹製チーター型ロボットが走行速度の世界記録を達成 - DNA

「人類史上最強」のボウリング・ロボットが人間のボウラーに負けた意外な理由 - DNA

最高に気持ちが高まるロボットゲーム用の巨大コントローラーがE3に出展中 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧