科学と技術

どこでも手に入るシャベルとガラクタから射撃可能なAK-47自動小銃を作る方法


シンプルかつ頑丈な構造で故障しにくいベストセラー自動小銃AK-47。製造も簡単なので世界中でクローンが生産されているのですが、実際どれくらい簡単に作れるのでしょうか。実はシャベルの刃から作れてしまうくらいシンプルなのです。


というわけで、この何の変哲もないショベルをAK-47クローンに変身させていきます。

使用するのはショベルとルーマニア製AK自動小銃からとられたパーツ。こうしたガラクタ寸前の自動小銃のパーツが「キット」として販売されており、愛好家が購入しては修理や自作に使うという世界があるようです。お値段は、入っているパーツや程度によって180~400ドル(約1万5千~3万3千円)。作者が使用したのはメインのレシーバーと銃身が無い200ドル(約1万6千円)のキットだそうです。
AK47, AK74, Galil Webpage

まずハンドルは落としておく。

あとでこのように合体させるので大事なパーツです。

続いて刃の部分。

焼きが入っているので、これをまず焼きなまします。

平らに成形。

そして必要な穴をあけます。左側は実際のAKのレシーバー。工場ではこれをプレス機にかけて箱型にするわけですね。

万力ではさんでなんとなく曲げて箱型にする。

穴がイビツですがとくに問題ありません。

内部のレールなどを溶接するため、いろいろと穴をあける。

内側にレールをはったら表の穴から溶接。

銃身は半加工品(一番下)を使用します。上が実際の銃身、中が加工済銃身となります。

レシーバーにたたきこみ、前後位置を調整。

右側がショベルAK。実際のAKよりも肉厚になります。

あとはジャンクパーツの金具をいろいろと取り付けていく。

年式がいろいろ混ざっているような。

ルーマニアの女性名「ミハエラ」と、意味深な12の刻み目が入ったハンドガード。怖い。

これが完成形。きちんと発射可能で、それなりにまとまりよく命中しているようです。

曰く「ミハイル・カラシニコフとウォッカの名において、お前はすでにショベルではなく母なる大地を守る栄光のAKとなったのである!」とのことです。

ちなみに同じ人によって、寸断され廃棄されたPPShサブマシンガンのレストア風景も公開されています。非常に高い技術をもった人のようですが、色々と紙一重のような気がします。

ソース:DIY: Shovel AK – photo tsunami warning!

関連記事

狂気の沙汰、「ティーガーI戦車」の実寸大・走行可能なレプリカの制作風景 - DNA

色々と魔改造されてしまったソ連の名銃「PPSh-41サブマシンガン」の画像 - DNA

リビア内戦の反体制派が使用する手作り感溢れるDIY兵器いろいろ - DNA

[字幕動画]リビア紛争・反体制側勢力の「DIY兵器工場」 - DNA

世界初、3Dプリンタで実際に射撃できるライフルのフレームの出力に成功 - DNA

これは次世代DIY、3Dプリンタだけを使って生産されたAR-15系のマガジン - DNA

「銃をドッキングさせれば火力も2倍」という理想を具現化した45口径のピストル「AF2011-A1」の動画 - DNA

職人がものすごい手作業で銃を密造しているフィリピン・ダナオの「密造銃集落」の画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧