科学と技術

グループCのレーシングカーが日本の公道を爆走してしまう動画


ル・マン24時間耐久レースなどの世界最高峰を戦うレーシングカーのカテゴリ「グループC」に属する車両、「ポルシェ962」を改造、ナンバーを取得した上で日本の公道を走り、あまつさえコンビニで買い物してしまうという、思わず目を疑ってしまう動画です。


なんの変哲もない高速道路。

突然やたら低いシルエットのスポーツカーがブチ抜いていきます。

そう、これこそが主人公・ポルシェ962C。ル・マン24時間耐久での活躍をはじめ、日本国内でも様々なチームのマシンとして採用されてきた由緒正しいマシンです。

窓を通してみると高速道路がサーキットに見えますね。

ガソリンスタンドで給油。

車幅が車線一杯です。

そしてファミリーマートへ。非日常的な車過ぎてCG合成に見えますが、実車です。(注:ハンディキャップ用の駐車場を使っていますが、即移動できるように十分な数のスタッフを配置していたそうです)

これを個人で所有して、公道仕様に改造して、しかもコンディションを維持して……となるといったいどれほどの手間とお金がかかるのでしょうか。恐ろしい動画です。

動画はこちらから。
MotorHEAD モーターヘッド // Racing In The street : Group C Porsche 962 on Vimeo

ソース:モーターヘッド/MOTORHEAD : モーターヘッドDVD絶賛公開中ぅ?!

関連記事

13台のスーパーカーで公道レースを行なっていた高校生集団、警察に補導されて車も没収 - DNA

可変ウィングのスーパーカー「パガーニ・ウアイラ」のカーボン・エディションがすごいことに - DNA

世界でたった1台のガスタービン搭載バットモービルが約5000万円でeBayに出品される - DNA

まさかのホンダ・CRレーサー風デザイン、125ccの公道向け量産バイク「Skyteam Ace」 - DNA

「赤い跳ね馬」フェラーリが馬に蹴られる瞬間 - DNA

60年間戦ってきたフェラーリのF1マシン進化一覧 - DNA

Brammo社のレース向け電動バイク「Empulse RR」2011年バージョンが公開 - DNA

狂気の沙汰、「ティーガーI戦車」の実寸大・走行可能なレプリカの制作風景 - DNA

その名は「ハーレー殺し」、70年代最速のドラッグレーサーバイク「Hogslayer」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧