世界のびっくりニュース

74歳のおばあちゃん、飲酒運転の電動車イスで警察とカーチェイスを繰り広げる


最近の先進国の平均寿命からすると74歳というのはそこまで老齢ではないのかもしれませんが……それでも電動車イスでチェイスとなると心身のアグレッシブさに驚きを隠せません。


事件があったのはドイツ・ウルフスブルグの街。電動車イスに乗り、なぜか4車線の大通りを失踪する74歳のおばあちゃんが目撃されました。

心配した他のドライバーがハザードランプを付けて後を追いますがおばあちゃんは我関せず。その上、警察のパトカーが追走を開始しパトライトで警告したところ、止まるどころか逃走を開始しました。

もちろん電動車イスですからそこまでスピードが出るわけではありません。安全に配慮した警察官がパトカーから降りて自分の足で追いかけ、キーを抜いて停車させて御用となりました。

その後の調べで、血中からかなりの濃度のアルコールが検出され、おばあちゃんは飲酒した上での危険運転で送検措置。ただし、車椅子を取り上げることは人権の侵害になるため、罰金刑になるだろうといわれています。

年をとってもロックさを失わないということは確かに大事なのですが、もうちょっと若者の手本になるような方向で発揮していただきたいと思わせるニュースでした。

ソース:Drunk pensioner caught after wheelchair chase – The Local

関連記事

ボンドvsボンド、「007」のカーチェイスシーンだけをつないでレース仕立てにしてしまったマッシュアップ動画 - DNA

高まるヒャッハー感、サンドバギーでカーチェイスしながら銃撃戦をするペイントボールゲームの動画 - DNA

アクション満載、飛行機で逃げようとする密輸組織に車をぶつけて阻止するブラジル警察の動画 - DNA

娯楽アクション大作の王者、マイケル・ベイ監督作品のデータをまとめたインフォグラフィック - DNA

「えっ、ヒーローなのに……」バットマンの乗った車、パトロール中の警察官に取り締まられる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧