世界のびっくりニュース

最も危険な撮影現場、溶岩波打つ火口に30メートルまで迫って撮影された動画


世の中には危険だけれども誰かがやらないといけない仕事というものがあります。大自然の様子をカメラに収めるフォトグラファーもその中の一つ。溶岩が泡立つ火口のすぐそばまで耐火服を着て近寄っている様子を収めた動画です。


これはオーストラリア北東、南太平洋に浮かぶバヌアツのアンブリム島にあるマルムカルデラで撮影されたもの。何の装備がないと6秒、耐熱スーツを着用しても40分しか耐えることができないというすさまじい環境のもと、2ヶ月かけて撮影は行われました。

動画はこちらから。
The Most Incredible Volcano Video of ALL Time – YouTube

関連記事

チリ・プジェウエ火山の噴火の影響でアルゼンチンのナウェル・ウアピ湖の澄んだ水が大変なことに - DNA

1800年代後半から現在まで、信じられない程の規模で噴火している世界中の火山写真 - DNA

火山の噴火とオーロラが同時に撮影された大自然の神秘を感じる写真10枚 - DNA

地球の荒々しい生命力を感じる、真っ赤に吹き出す溶岩の写真23枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧