世界のびっくりニュース

恐怖の兵器、兵士の糞便を発射する「特殊砲弾」がロシアで発明される


生物・化学兵器は大量虐殺につながることから様々な国際条約で使用が禁じられている非常にデリケートな存在。ですが、毎度私たちの想像をはるかに超えてくる神秘の国・ロシアでは兵士の排泄物を弾につめて大砲で撃ちだすというとんでもないものが発明されたそうです。


この恐るべき兵器を考案したのは、ロシアの古都、サンクトペテルブルグの大学で準教授をつとめる一方、経験豊かな発明家として活躍するアレクサンドル・セミョーノフ氏。

ロシアの特許2399858号として認められた「軍事施設・車両等の隔離環境における生物的廃棄物処理の方法」は排泄物を分解式弾頭に詰め込んで発射するだけの非常にシンプルなもの。

砲弾をもつセミョーノフ氏。

時に戦車兵は過酷な職業。時には狭い車内で風呂にも入らず着替えることもできずに命令を待つこともあります。うっかり車外に出ると狙撃兵に狙われるので、車内にたまっていく排泄物をどう安全に廃棄するかというのはまさに死活問題なのです。

概念を説明する図。非常にわかりやすいものとなっています。あくまで砲弾を変更するだけなのでこれまでにある戦車砲・自走砲を流用できるのも便利な点。

特許では「安全地帯、あるいは廃棄物を置いても大丈夫な場所に向かって発射される」「敵の占領地帯で安全に用が足せるのは軍事心理学的にもポジティブな効果がある」などとあくまでも生物・化学兵器ではなくゴミ処理システムであるという点が強調されています。

しかし、弾頭には内容物を撒き散らすための炸薬がしかけてあり、本人も取材に「これを使えば車両や兵士を排泄物まみれにすることができる」と語っていることから敵に向かって撃つ「う○こ砲弾」であることはほぼ間違いないと言っていいでしょう。

自分たちの排泄物が散らばった敵陣に突撃するというのはあまり考えたくないシーンですが……やっぱりロシアの人はすごいことを思いつくものですね。

ソース:Researcher invents weapons of waste destruction | Education | guardian.co.uk

関連記事

ロシアの奇妙な日常を垣間見ることができる写真59枚 - DNA

たった15秒でロシアのカオスっぷりが何となく理解できる日常風景動画 - DNA

ロシア、ついにビールは「ジュースではなくお酒」と認める - DNA

ロシア軍の「空飛ぶ教会」、最前線に空中投入可能な教会モジュールを調達 - DNA

一発一発がヘビー過ぎるロシア軍兵士のピロー・ファイトの動画 - DNA

なぜか軍用車両の群れが現れ爆走するロシアの海水浴場の動画 - DNA

「第9中隊」 ? ロシア史上空前の規模でアフガニスタン紛争を描く戦争ドラマ - DNA

ロシアの戦略ミサイル軍は最終兵器「核ミサイル発射用ハンマー」をもっていた - DNA

ロシアの水道の蛇口はひと味もふた味も違っていた - DNA

さすがロシア、トラックの荷台から数えきれない程の兵隊さんが降りてくる動画 - DNA

ロシア・キエフの「戦車の墓場」に積み上げられた冷戦時代の亡霊達 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧