科学と技術

あの四本足ロボット「LS3」、「人の後ろをついて歩く能力」を獲得


「恐怖の四本足」ことBoston Dynamics社の「LS3」は戦場の荷物運び。人間には見張りや通信などやることは山ほどあるので、単純な作業ロボとはいえある程度は自分で動けるようにならなければいけません。というわけで、わざわざリモコンで操作しなくとも体の前面のセンサーで人を追いかけ続ける能力が追加されました。


「LS3」こと「Legged Squad Support System(多足分隊支援システム)」はBoston Dynamics社とアメリカ国防総省のDARPA、そしてアメリカ海兵隊が共同開発している荷物運びロボット。約180kgの貨物を積んで約32km移動できます。

最近の兵隊さんは水や食料などの伝統的な荷物に加え、機関銃やロケット砲などの重火器やラジコン式の無人機まで運ばなければなりません。そんなに重たいものを担いで移動していては戦う前に疲れきってしまう……ということで、こうしたどんな地形でも動けるロボットが開発されています。

動画はこちらから。ひょこひょこと人の後ろをついて歩く姿はなかなかユーモラスなものとなっております。
LS3 – Legged Squad Support System – YouTube

関連記事

どうみても殺戮ロボットのプロトタイプ、ボストン・ダイナミクス社製「PETMAN」の動画 - DNA

不気味な速さ、DARPA謹製チーター型ロボットが走行速度の世界記録を達成 - DNA

人工知能を産むための人間そっくりの骨格と筋肉をもったロボット「ECCEROBOT」 - DNA

アメリカ国防総省DARPA「水に浮くキャタピラ」で水上を疾走する車両を開発 - DNA

最も人間の足の筋肉の構造に近い2本足ロボットが登場 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧