アートとデザイン

トールキン自身が「エルフ語」の詩を朗読している動画


「ホビットの冒険」「指輪物語」の作者、J.R.R.トールキンは言語学の研究家でもあり、自らが作り上げた架空の言語を物語に登場させていました。これは彼が作り出した「エルフ語」の詩を自ら朗読している録音です。


動画はこちらから。
J.R.R. Tolkien reads …. _A Poem In Elvish_ – YouTube

世界のどこにも存在しない言語なのに、まるで実際にあるかのように破綻なく作られているのがわかります。彼の作品は歴史や文化の設定が分厚いのが特徴ですが、こうした細部の作りこみが傑作につながっているわけですね。

関連記事

J・R・R・トールキン作品のビンテージな表紙イラストや挿絵いろいろ - DNA

作者トールキン自身の手になる「ホビットの冒険」の未公開イラストレーションが発見される - DNA

ファンタジー物語「ホビット」映画版、待望の予告編がついに登場 - DNA

ファンタジーRPGのドワーフ族のようにもっこもこになれる手編み帽子 - DNA

美人バイオリニスト、今度は「ロード・オブ・ザ・リング」のコスプレでバイオリン演奏 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧