科学と技術

銃を肩ではなくアゴで支える「脱法銃床」


銃を肩でささえる「銃床」は、その武器の命中精度を大きく変える部品。なのでアメリカの法律では銃床の有無によって銃器のカテゴリが変わり規制されたり禁止されたりします。しかし法律で規定されているのは「肩」に当てる銃床のみ。他の場所、たとえばアゴで支えるものなら規制の対象外ではないか、というアイディアのもと開発された銃床が話題となっています。


今、アメリカの銃器コミュニティで話題となっているのがこちらのアゴで支える銃床「NSN(No Stock Needed)」。

写真の銃は「ピストル」カテゴリなのですが、通常、銃床をつけると「ライフル」として登録しなおさなければなりません。

しかしこれはあくまでアゴで支えているだけなので、登録しなおす必要がない……と説明されています。これによって規制内容や課税額を変えることなく武器としての有効性を高めることができます。

普通のピストルにも使用が可能。もちろん再登録は必要ありません。利点としては肩に当てる銃床よりも支点が上になるので、反動の処理が容易だったり、照準しやすかったりするそうです。

盾で支えることも可能。重たいライフルを持つ必要がないのはいいのかも。なお反動については「片手の人差し指と中指をアゴにあて、その上から拍手くらいの強さで叩いたくらい」とのことです。

動画はこちらから。
Hands On with the No Stock Needed (NSN) Stock-Like Device for AR-15 Pistols – YouTube

規制があるならかいくぐればいいということで、こうした「脱法パーツ」には結構面白いものがたくさんあります。アメリカでは連射できるフルオート銃の新規製造・販売・改造は禁止されているのですが、これに対する抜け道がこちらの銃床。

反動による前後動を利用して連続で引き金を引く「Bump Fire」と呼ばれるテクニックをより簡単にできるようになります。余計な振動を与えてしまうのでおそらく排夾に問題がでるでしょうが面白いアイテムです。
Incredible Bump Fire! – YouTube

ソース:HALIX – The Official Site

関連記事

妙な改造を施されたり密造されたりしたヘンテコな銃の画像いろいろ - DNA

本家本元、イズマッシュ社からAK-74Mの電動エアガン「Yunker-5」が発売へ - DNA

見た目が無敵過ぎる対ゾンビ兵器「AR-15 MALL NINJA TACTICAL ZOMBIE DESTROYER」の画像と実射動画 - DNA

イスラエル企業、水平二連銃身のアサルトライフル「Gilboa Snake」を開発 - DNA

音もなく榴弾を飛ばせるAKライフル用グレネードランチャー - DNA

モジュラーレシーバーシステムを採用したコルト社の新型自動小銃「CM901」がデビュー間近 - DNA

iPhone4Sの意外な弱点、50口径のライフル弾には耐えられないことが判明 - DNA

脆弱性再び、「新しいiPad」もライフル弾を止められないことが判明 - DNA

フランス軍制式ライフル「FAMAS」とうとう交代へ - DNA

まさに「ランボー」アフガンのグルカ兵がたった1人でタリバン兵との大銃撃戦を制す - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧