世界のびっくりニュース

往く兵士・帰る兵士にハグと微笑みを与え続ける「ハグ・レディ」の動画


兵士というのは過酷な職業。文字通り生死がかかっているだけでなく、世論に「人殺し」「予算の無駄遣い」と叩かれるため、帰ってきても行き場を失ってしまう者もいます。そうした兵士達をハグで暖かく見送り、そして出迎える「ハグ・レディ」がいるのです。


イラクの任務から帰ってきた第1騎兵師団の兵士達。

彼らが出征するとき、帰還するとき、必ず出迎える人がいるのです。

それがエリザベス・レイヤードさん。通称「ハグ・レディ」2003年6月に救世軍のボランティアとしてこの活動を始めたそうです。

このあたりの兵士ならみなエリザベスさんのことを知っています。

黄色は第1騎兵師団の部隊カラー。

兵士によっては彼女とのハグが人生最後のものとなることもあります。「気にかけている、忘れられていないことを知って欲しい。そして笑って欲しい」とエリザベスさんは語っています。

動画はこちらから。
Hug Lady – YouTube

関連記事

戦場から戻るお父さんを自分の足で出迎えるため、一生懸命リハビリをした6歳の男の子 - DNA

[字幕動画]音楽の力、狙撃兵を止めるため響き渡った「戦場のトランペット」 - DNA

厳しい戦場の中でもとても楽しそうな世界の兵隊さんたち - DNA

戦いは人の顔をどう変えてしまうのかが分かる写真集「Marked」 - DNA

アフガニスタンの荒くれ海兵隊員、小児がんに苦しむ少女を励ます - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧