科学と技術

電気は生きている、雷を秒間7207コマで撮影した超スローモーション動画


雲の中で発生する静電気が限界まで溜まり、電子の雪崩となって発生するのが雷。持続時間は短いものの、その電圧は10億ボルトにのぼることもあります。これを秒間7207枚の画像でとらえたのがこちらの動画。雷の発生する段階がはっきりと分かります。


まず細い先駆放電の光が葉脈のように空に広がり、次に主雷撃の太い電光が地上を襲います。先駆放電の広がりは実に10km。凄まじいサイズですね。
Lightning captured at 7,207 images per second on Vimeo

関連記事

天が引き裂かれそうなほどに迫力のある雷の写真11枚 - DNA

飛行中の旅客機に巨大な雷が落ちる瞬間をとらえた動画 - DNA

レーザーの力でカミナリを自由自在に召喚できるようにする技術が開発中 - DNA

天空の神秘、驚きの形状をした雲の写真15種類 - DNA

「ケルビン・ヘルムホルツ不安定性」が作り出す不思議な形の雲 - DNA

天気の不思議、雲の大波が高層マンションに押し寄せる画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧