世界のびっくりニュース

漁網から魚を吸い出して食べているジンベエザメの動画


世界最大の魚類、ジンベエザメは、海水と一緒にプランクトンや小魚を吸い込み、水だけ排出するという食事のしかたをします。しかし生き物は学習するもの。漁網の中にはたくさんの魚がいるということを覚えたジンベエザメが、たまった魚を吸い出しているシーンです。


漁網に穴をあけているわけではなく、小さな隙間から魚を吸い出しています。
Whale shark sucks fish out of hole in fishing net – Conservation International (CI) – YouTube

しかし、漁網に絡まってしまって抜けられなくなってしまうジンベイザメも時々いるらしく、その際はこうして網からうまく誘導して外に出してやらなければいけません。うまく共存できていければいいのですが……。
Scientists free a whale shark from a fishing net in Indonesia – Conservation International (CI) – YouTube

関連記事

「大変よ!プールにサメが出たわ!!!」意味不明なホラー映画のニセ予告編「Shark Pool」 - DNA

編集のマジック、「ジョーズ」をハートフルドラマ風にアレンジした動画 - DNA

ワイルドに巨大魚を運んでいるアフリカ・ソマリアの猟師さん達の写真30枚 - DNA

小さな魚の群れとサメが水面に奇妙な模様を作る動画 - DNA

買ってきた食用サメのお腹の中から、中世のメダルが見つかる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧