ネット・PC

「ローリング・ストーンズ」公式ページの「404エラー」がかっこいい


近代ロックの元祖は誰か、という問いの答えは百人百様ですが、おそらく5本の指に入る伝統のロックバンド「ローリング・ストーンズ」。結成から50年経つ今も精力的にライブを続ける彼ら、Webにも力を入れておりお約束の「404」もかっこよくキマっています。


1969年のアルバム「Let It Bleed」に収録の「You Can’t Always Get What You Want(いつも欲しいものが手に入るってわけじゃない)」の動画を表示する404ページ。
Page not found | The Rolling Stones

社会や政治に期待して何も得られることのなかった時代を反映した曲、ですが「404」にぴったり。

そして歌詞通り「でも試してみれば、欲しかったものが手に入るかもしれないな」と検索フォームに誘導するなど、迷い込んだ人に対するフォローも万全となっております。

関連記事

タイム誌が選ぶ「史上最高の404ページ」はこれだ - DNA

「リンクした先が見つかりません……」がよく分かる「404ページ」 - DNA

隠れた人気コンテンツ、クリエイティブかつユニークな「404ページ」33選 - DNA

表示するページが無いときなどに表示されるクリエイティブな「404エラー」ページ13選 - DNA

SFの巨匠、ブラッドベリに敬意を表し、新ステータスコード「451:法的に利用不可」が提案される - DNA

色々なOSの再起動をブラウザで再現、お試しできる「The Restart Page」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧