世界のびっくりニュース

本家本元、イズマッシュ社からAK-74Mの電動エアガン「Yunker-5」が発売へ


世の中のエアガンやガスガンというものは、銃器メーカーが作ったおおもとのものを模型メーカーが外見を似せて作っている「1/1モデル」。ところがこちらは本家本元、カラシニコフ小銃のふるさとであるイズマッシュ社が作った自社製品の電動エアガンバージョン。実銃パーツがふんだんに使われたある意味究極のエアガンです。


イズマッシュ社の銃器ラインには「Yunker」シリーズとして金属弾を撃ち出すガスライフルがありましたが、今回発売が噂されている「Yunker-5」は6mmのプラスチック弾を撃ち出すいわゆる「エアガン」。

しかもバッテリーで空気の圧縮を行う電動式となっています。もちろん著作権者なので刻印も実銃通り。

というか、実銃のレシーバーの中に電動ガンのメカ部分を組み込んだだけのようにも見えます。先日イズマッシュ社は破産しており、在庫も山積みなので部品を転用したのでは……と勘ぐりたくなるほど。

イズマッシュ社では愛好家や、少年・少女のための準軍事組織DOSAAFでの訓練用としての需要を見込んでいるそう。現在イジェフスクの向上で実銃の生産ラインから転換を行っており、発売できるのは2012年の9月になるとみられています。

日本での発売は……どうでしょうね。実銃パーツの輸入に関して規制があるので、もし本当に転用しているといくらローパワーでも輸入販売は難しいものと思われます。

ソース:Tactical Gear and Military Clothing News: Izhmash AK-74M Airsoft

Izhmash to Produce Airsoft Kalashnikov Rifles | Russia | RIA Novosti

関連記事

AK自動小銃シリーズの製造元、イズマッシュ社が破産 - DNA

ロシア軍「AKライフル作りすぎたのでしばらく買いません」と発表 - DNA

悲運の最新アサルトライフル「AK-12」の最新実射動画 - DNA

超ロングセラー、第5世代カラシニコフ小銃「AK-12」の動画が公開 - DNA

音もなく榴弾を飛ばせるAKライフル用グレネードランチャー - DNA

AK-47アサルトライフルを最新のテクニックで使いこなす「Adaptive Kalash」予告編 - DNA

「これが僕のAKです。今から社長を撃ちます……」衝撃の動画が公開 - DNA

無限に弾を撃てるゲームキャラは、どんな荷物を背負っているのか分かる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧