科学と技術

最も人間の足の筋肉の構造に近い2本足ロボットが登場


人間の体というのはものすごくコンパクトに様々な機能を詰め込んでいるので、材料や技術が発達してもこれを再現するのは大変。様々な研究が進行していますが、アリゾナ大学では人間の足の筋肉の構造をほぼそっくりに再現した2本足のロボットを開発しました。足首の粘るところが非常に人間くさいです。


開発したのはアリゾナ大学ロボット・神経システム研究所を率いるアンソニー・ルイス博士のチーム。

モーターでケブラー製の腱を巻き取ることで足の筋肉の構造を精密に再現しています。
1. 「筋肉」:の分割を表した図。高さ55cm・4.5kgです。

これを制御するため、CPGと呼ばれるコントローラーに地面の感触をフィードバックし、足取りのリズムを変化させるという仕組み。

動画はこちらから。
University of Arizona Biped Robot – YouTube

作業ロボットが必ずしも人間そっくりである必要はありません。しかし人間とロボットが混在するような環境で使う際は、設備を共通化できるため有利になります。

なによりもこの自然な雰囲気。いかにも高い技術が使われている、という感じがいいですね。

ソース:U of Arizona Researchers Build Bipedal Robot

関連記事

人工知能を産むための人間そっくりの骨格と筋肉をもったロボット「ECCEROBOT」 - DNA

かなり不思議、「人工筋肉」で動く本物そっくりのクラゲ型ロボットの動画 - DNA

「肩に乗った小さな相棒」を実現するウェアラブル・ロボットを山形大学が開発中 - DNA

本物そっくりに飛び回る蝶が入ったビン型デスクトップアクセサリー「Electronic Butterfly in a Jar」 - DNA

インド生まれの超絶特濃アクションSF映画「ロボット」5月12日から日本公開、公式サイトがリニューアル - DNA

最高に気持ちが高まるロボットゲーム用の巨大コントローラーがE3に出展中 - DNA

不気味な速さ、DARPA謹製チーター型ロボットが走行速度の世界記録を達成 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧