世界のびっくりニュース

「本を読めば4日間刑期短縮」ブラジルの刑務所でユニークな試み


平成15年の統計では、日本の再犯率は約50%。一度罪を犯した人の約半分がもう一度罪に手を染めてしまうそうです。犯罪者が多すぎて刑務所がいっぱいになってしまっているブラジルではこれはまさに死活問題。少しでも再犯率を下げるべく、ちょっとユニークな計画が立てられているようです。


現在検討されているのは「1冊本を読むごとに4日間刑期を短縮する」というルール。年間で12冊分、合計48日まで刑期を短縮できるようになるそうです。ちょうど1か月に1冊の計算ですね。

色々と制限もあって、まず1冊あたり4週間以内で読みきらなければなりません。また減刑が認められるには正しい文法で書かれた読書感想文の提出が必要です。プログラム参加者は事前に委員会の審査を受けて合格する必要があります。

囚人が「モンテ・クリスト伯」を読んでいるところを想像すると若干シュールなものを感じなくはありませんが、刑務所側は「世界に関するより豊富な知識を持って社会に戻ることができる」としています。

ソース:Reading offers Brazilian prisoners quicker escape – chicagotribune.com

関連記事

まるで映画の世界、ブラジルの刑務所に携帯電話を持ち込む凄すぎる7つの手口 - DNA

人が多すぎて環境が悪すぎるブラジルの刑務所の画像いろいろ - DNA

南アフリカの元死刑囚たちのタトゥー写真集「Life After」 - DNA

凶悪犯罪発生率が非常に高い南アフリカの刑務所はやっぱり劣悪な環境だった - DNA

地球上最大のパーティー、リオ・デ・ジャネイロのカーニバルのチルトシフト動画「The City of Samba」 - DNA

さてこれはなんでしょう?囚人が作り出した驚くべき19個の道具 - DNA

[閲覧注意]麻薬を体内に隠して密輸しようとした男のX線写真がすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧