世界のびっくりニュース

小包郵便制度が始まったころに送られた「とんでもないもの」


新しい制度は「どうやって使うのか」がいまいち分からないもの。小さな荷物を送ることができる小包郵便の制度もよく分からないものだったようで、最初はこんな「とんでもないもの」が送られてしまうこともあったそうです。いったいなんでしょうか?


答:子ども

1913年、アメリカで制度が導入された時、少なくとも2人の子どもが送られた記録があるそうです。衣服に切手が貼ってあり、鉄道と人間の手で送り先に届けられました。

確かに考えれば考えるほど「タクシー」と「小包郵便」の差というのはあいまいになっていくのですよね……当時、郵便局ではこの報告を受けて即「子どもを送ってはならない」というルールを定めたのだそうです。

ソース:Uniformed Letter Carrier with Child in Mailbag | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

「Apple I」から「iPhone 4」までApple製品の進化の歴史をまとめた画像45枚 - DNA

すべての物語はつながっている……SFの歴史をまとめたインフォグラフィックスがすごい - DNA

100年以上の歴史を誇る「ツール・ド・フランス」の1930年代前半の写真 - DNA

アメリカに現存する100年以上の歴史を持つ売春宿「RED ONION SALOON」 - DNA

世界のオークションで最も高く売れた歴史的なバイクトップ20 - DNA

イギリス紳士のユーモアと反骨精神にあふれた「ゴルフのプレー中に爆撃が始まった際の暫定ルール」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧