アートとデザイン

食べたくなるくらい大好きな電子機器をカラっと揚げるとこうなる


道具という枠を超えて携帯電話やノートパソコンが大好き、もう食べてしまいたくなるくらい好き、という人は結構いるように思います。それでは実際にカラっと揚げてみましょう。こうなります。


金属筐体は熱してもせいぜい変形するくらいで問題ないのですが、半導体やバッテリーなどは加熱すると爆発してしまうこともあります。この作品はスチロールに写真を貼り付けたダミーを使用しているとのことなので、おうちでマネしないようにしましょう。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

作者はニュージーランド出身、ニューヨーク在住の写真家、ヘンリー・ハーグリーブス。写真を撮影するだけでなく、こうした一ひねりを加えて作品を作り上げるのが得意な作家です。

ソース:Henry Hargreaves

関連記事

日本ではなかなか見かけない食べ物が詰まった海外の缶詰30選 - DNA

[閲覧注意]腐敗した食物を使ったアート作品「One Third」 - DNA

世界最大、41種類の肉を使った肉まみれの超巨大サンドイッチ「Carnivore’s Dream(肉食獣の夢)」 - DNA

朝から食欲がモリモリとわきそうな世界50カ国の朝ごはんの画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧