科学と技術

「肩に乗った小さな相棒」を実現するウェアラブル・ロボットを山形大学が開発中


「主人公には見えるけれども他の人には見えない肩乗り妖精さん」はアニメやマンガの定番キャラクターですが、これを科学技術で実現しようとしているのがこちらのウェアラブル・ロボット。日本人はちょっと未来を先取りしすぎていますね。


これは山形大学の妻木勇一さん、小野史暁さん、佃泰輔さんが開発しているMH-2・ウェアラブル・コミュニケーション・システム。例えばテレビ会議などをする時、画面越しに相手が写っているだけではいまいち雰囲気が伝わりませんが、こうしたロボットを介することであたかも相手がそばにいるかのように感じることができます。

開発の目標はこの形なんだそうです。

本体を小型化するためあらゆるアクチュエーターを体の外に出しています。頭についているのは立体カメラ。

駆動は操り人形方式。複数のワイヤーをひっぱることで様々な方向に関節を駆動させます。

このシステムを収めるために、現在はバックパックが必要です。

動画はこちらから。
MH-2 Wearable Communication Robot – YouTube

ソース:Japanese MH-2 Shoulder Robot Wants To Be Your Friend, Literally – IEEE Spectrum

関連記事

人工知能を産むための人間そっくりの骨格と筋肉をもったロボット「ECCEROBOT」 - DNA

どうみても殺戮ロボットのプロトタイプ、ボストン・ダイナミクス社製「PETMAN」の動画 - DNA

怖いくらい完璧に人間の赤ちゃんの動作をシミュレートしているロボット「アニマトロニクス・ベイビー」の動画 - DNA

かなり不思議、「人工筋肉」で動く本物そっくりのクラゲ型ロボットの動画 - DNA

6本脚でわしゃわしゃ動く多脚戦車ロボットのラジコン発売、イカす名前を募集中 - DNA

天才アラン・ケイが1982年に構想していた「オンライン百科事典」のある世界 - DNA

インド生まれの超絶特濃アクションSF映画「ロボット」5月12日から日本公開、公式サイトがリニューアル - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧