世界のびっくりニュース

6歳の少年が熱演するビリー・ジョエルの「ピアノ・マン」の弾き語り動画


親バカな動画、と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、その一言で片づけてしまうにはあまりにも感動的な動画です。舌っ足らずだけれども「ピアノ・マン」熱い弾き語りを聞かせてくれます。


Ethan W and Piano Man – YouTube

ピアノ・マン」はビリー・ジョエルの2回目のデビュー曲。1971年に1度デビューを果たしたものの当たらずピアノの弾き語りをして生活していた時代があったのですが、その時のことを描写した自伝ともいえる曲です。

ビートはあくまでも強く、歌声は高らか。ミスだらけでも演奏を決してやめることのない強さに心打たれる動画でした。

関連記事

ギター1本を5人で演奏、カナダのバンドメンバーによる驚異の5人羽織動画 - DNA

世界最速、ギターによる「くまんばちの飛行」の超絶技巧演奏が500bpmを達成 - DNA

45口径の鉛弾で「ジングル・ベル」を演奏するサンタの動画 - DNA

「007のテーマ」を演奏する空飛ぶクアロドコプター・ロボの群れの動画 - DNA

古いスキャナやハードディスクでアニマルズの「朝日のあたる家」を演奏する動画 - DNA

双子姉妹のハープ奏者がコスプレで「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」の「女神の詩」を演奏する動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧