世界のびっくりニュース

5.11社、数量限定で「タクティカル・キルト」を販売へ


「スカート」と呼ぶとぶっ飛ばされるスコットランド人の魂「キルト」。今でも正装として用いられていますが「仕事中も着たい」「どうしても欲しい」という声に応えて軍・警察向けのタフな衣料のメーカー、5.11社が綿の丈夫な「タクティカル・キルト」を数量限定で販売すると発表しました。


以前、DNAでもお伝えしましたが、この「タクティカル・キルト」は2012年のエイプリルフールのジョーク商品として1点だけ制作されたもの。

商品は同社サイト、ならびにYouTubeチャンネルで公開されたのですが瞬く間に世界中のミリタリーファンの間で噂になってしまい「じゃぁ数量限定で売るか」ということになったようです。
The 5.11 Tactical Duty Kilt (TDK) – YouTube

現代のキルトはスコットランド系男性だけではなく世界各地で着用されるようになりました。2008年にはアメリカの郵便配達人の制服として正式に提案されたこともあります

またUtilikilt社をはじめ、SportKilt社のCommando Kiltなどカジュアル風・ワークウェア風のキルトもそれなりに人気が出てきている模様。

価格は一つ59ドル99セント(約4900円)で現在プレオーダーを受付中。5.11社は「あくまでも限定販売で通常商品として売ることは考えていない」とのことですが、そのうちイラクの市街地でこれを着てうろうろする英国系PMCが見られるかと思うと胸が熱くなりますね。

ソース:The Story Behind the Tactical Duty Kilt

関連記事

アメリカ海軍特殊部隊シールズのプロトタイプ迷彩服の画像が流出か - DNA

急所を爆風から守るための「軍用防弾パンツ」 - DNA

イギリス軍、兵士のIT化のため「導電性ユニフォーム」を年末までに試験導入 - DNA

子どもの危険に備えてガンマウントを装備した乳母車 - DNA

陸上自衛隊とアメリカ海兵隊との合同演習「Iron Fist」での画像17枚 - DNA

ホンモノのゴツゴツ感、軍用暗視レンズをつけたかっこ良すぎるニコン・D700 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧