世界のびっくりニュース

究極の省エネ、まばたきの間は消灯する電源スイッチの動画


省エネや排ガス削減などを期待して赤信号などの停止中は自動車のエンジンを止めてしまう「アイドリングストップ」はすっかりメジャーなものとなり、最近は自動的にストップしてくれる装置も搭載されるようになりました。それでは、これと同様に目を閉じている間は消灯するようにすればもっと省エネになるのでは……というコンセプトの装置を自作してしまった人が現れました。


動画はこちらから。目の横に取り付けた電極によって目の開閉を読み取っています。
Energy-Saving Light on Vimeo

ここまで来ると省エネというよりももはや意地のレベル。しかしながら、多くの電気器具は始動するために多くの電力を必要としたり、スイッチの入り切りが寿命を縮めたりするので大きな効果は期待できなさそう

画期的な省エネ手段というよりは「1円でも電気代を無駄にしたくない」という思いを表現したアート作品として見るべきと思います。

ソース:Energy-Saving Light

関連記事

肉食系2CV、サハラを駆けたシトロエン・バギー「Baby-Brousse」 - DNA

「その省エネ、意味なくない?」と思わずツっこんでしまう日焼けサロンの看板 - DNA

太陽光だけをエネルギーに水から水素を分離できるナノサイズのワイヤーツリーの開発に成功 - DNA

「丸ごとどぼんとオイル漬け」がサーバー冷却のトレンドに - DNA

世界最小の自動車「Peel P50」が電動になって限定再生産 - DNA

モペッド復活の日は近い、エコ時代のエンジン付き自転車「Derringer Cycle」 - DNA

旧世代型ハイブリッド駆動システムを搭載した「Naturmobile」が母なる地球を救う - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧