アートとデザイン

[閲覧注意]文字通り「一皮むいた」だけの動物達の剥製いろいろ


博物館で動物を展示する、といえば毛皮を残した剥製かスケルトンというのが定番ですが、ちょうどその真ん中あたり、皮膚をめくって筋肉や血管が見える状態で剥製にされた動物達の画像です。トップ画像を見て「これはちょっとマズい」と思われた方は閲覧をお控えください。


1.ゴリラ

2.牛。これは焼肉屋さんでイラストになってることもあります。

3.象の首のマッチョっぷりがすごい。

4.キリンも首の根元がすごいですね。

5.ダチョウの羽の場所はこんなところだった。

6.トナカイ

7.これらは血管だけが残るように処理された動物達。ウサギの形が浮き上がります。

8.牛の巨大な心臓。

9.血管だけのサメ。

ソース:Image Gallery: Animals Inside Out | Plastinated Animals & Gunther von Hagens | LiveScience

関連記事

新体操からアメフトまで、究極に最適化されたアスリートたちの体型をスポーツ種別に比較した写真 - DNA

[閲覧注意]江戸時代に書かれた日本画調の人体の解剖図や骨格図いろいろ - DNA

[閲覧注意]作り物なのに不気味すぎる「手作り内臓ケーキ」の画像いろいろ - DNA

[閲覧注意]麻薬を体内に隠して密輸しようとした男のX線写真がすごい - DNA

[閲覧注意]超リアル、実物大のブタ型ケーキの作り方 - DNA

熊の内臓を食い破り、あちこちにまき散らしている犬の画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧