アートとデザイン

天才・モーツァルトが10歳で作曲した未発表ピアノ曲の初演動画


新曲、といっても200年以上前に作曲されたと思うとなかなか不思議ですが、大作曲家・モーツァルトが10歳のころに作曲したと思われるピアノ曲が発見され、古楽器を専門とするピアニスト、フロリアン・ビルサックによって世界で初めて演奏されました。


この曲は最近発見されたモーツァルトの父、レオポルドのノートに記されていたもの。1767年か1768年に作曲されたもの。ノートの表題が「ウォルフガング・モーツァルトのために」とあり、おそらく父が息子の演奏を書き取ったものではないかと考えられています。

演奏には、現代のピアノではなくモーツァルト自身が使っていた「フォルテピアノ」が使われ、まさに当時の音がよみがえります。

WORLD PREMIERE: New piano piece by W.A. Mozart – Allegro Molto in C Major: Florian Birsak – YouTube

細かい音が多すぎたり、フレーズとフレーズのつながりが流ちょうでなかったりといかにも荒削りな曲ですが、まさしくモーツァルトらしい快活・軽快で明るい作風。後の作品にもよく聞かれる旋律がちらほら見え隠れするのも面白いです。

「神童」と言われていたモーツァルトですが、こんなにも若いころから天才っぷりを発揮していたとは驚きです。

関連記事

クラシック音楽愛好家には効果てきめんな「携帯の電源を切ってください」サイン - DNA

盲目の象のためのソナタ、ベートーヴェン「悲愴」第2楽章 - DNA

実はとても美しい楽器内部のマクロ写真を使った「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」ポスター6枚 - DNA

フロッピーディスクドライブ4台で奏でる「トッカータとフーガ・ニ短調」 - DNA

「ツァラトゥストラはかく語りき」を使った映画を色々混ぜただけで面白くなってしまった動画 - DNA

次世代宴会芸:「スーパーマリオのテーマ」をピアノで弾くための楽譜とコツ - DNA

これは天才、2匹の犬が電子ピアノで「猫ふんじゃった」を連弾する動画 - DNA

世界最速、ギターによる「くまんばちの飛行」の超絶技巧演奏が500bpmを達成 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧