ネット・PC

人気のデジタル放送キャプチャカード「PT3」の発売決定、自作ファンには嬉しいPCIe x1ポートに対応


各社のデジタル放送対応レコーダーから他の端末に移して見たり、大容量メディアに保存したりするのは事実上不可能でとても不便です。これらに対し「複号するだけ」の機能を提供するアースソフト社製のキャプチャカード「PT」シリーズがありますが、この度PCIe x1ポートに対応してリニューアルされることが発表されました。


「PT3」はPCIe x1ポートに接続して使用するデジタル放送キャプチャカード。地上デジタル放送2本、衛星デジタル放送2本の合計4本を同時にデコード可能です。

これまでの「PT」シリーズはインターフェイスとしてはやや古いPCIを採用していましたが、最近の小型マザーボードはPCIe x1ポートを採用するものが多くマザーボードの選択肢が限られてきました。

カードのサイズもロープロ対応で小さくなっており、HP ProLiant MicroServerのような小型筐体のPCに入れてもケーブルの取り回しや排熱への影響が少なくなるでしょう。

復号に必要なB-CASカードの入手やソフトウェアの設定はやや難解なので、上級者向けの製品となります。誤解が多いのですが「暗号化されたデジタル放送を正規の方法で復号する」のは違法でもなんでもありません。

発売は2012年6月を予定、価格も1万3200円とシリーズ中ではもっとも安価に。前回は買占めが横行しましたが今回はどうなるでしょうか。

ソース:PT3 目次

関連記事

YouTubeの著作権管理が結構イイカゲンだったことが判明 - DNA

ドイツのハッカー、検閲を避けるため独自の通信衛星の打ち上げを計画中 - DNA

「空中サーバーなら差押えられない」P2P情報サイト「The Pirate Bay」が空中サーバープラットフォームを計画中 - DNA

BitTorrentの巨大ネットワークを支える、わずか100人程度の「職業シーダー」達 - DNA

映画「ハート・ロッカー」を違法ダウンロードした人のIPアドレス2万4583件が公開 - DNA

まさにAmazonの「戦略兵器」、維持費無料の3G回線でやりたい放題できる「Kindle 3G+Wi-Fi」ハードウェアレビュー - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧