世界のびっくりニュース

旧ソ連の遺産か、ネコを使ったテレパシーの動物実験動画


冷戦時代の旧ソ連の国家機関では超心理学、いわゆる「超能力」の研究にかなり力が入れられていたといいます。ロシア語のキャプションがつけられたこの動画もひょっとしたらその名残なのかもしれません。


Telepathy exists! (телепатия существует!) – YouTube

最後に出てくる男のヒゲがどうみてもマジックで描いたものにしか見えないのですが、これもKGBの変装テクニックなのでしょうか……まだまだロシアは鉄のカーテンの向こうにあるようです。

関連記事

[閲覧注意]犬の頭脳に機械の体……ソ連が開発していた謎の「バイオロイド」の資料 - DNA

お姉さんにかまってほしくて「とんとん」し続ける猫の動画 - DNA

旧ソ連製の試作レーザー砲戦車「1K17」のかっこよすぎる画像いろいろ - DNA

滅びの美しさ、混沌の中にあった90年代のソビエト連邦の画像 - DNA

夢と希望にあふれた50~60年代のソ連の宇宙開発プロパガンダポスター33枚 - DNA

スパイ小説の金字塔、「ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ」映画版トレーラーが登場 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧