科学と技術

「007のテーマ」を演奏する空飛ぶクアロドコプター・ロボの群れの動画


人の手を一切使わず、コンピューターにプログラムした通りに飛ぶことができる4枚羽根のロボット・クアドロコプターが、いろいろな楽器を使って映画「007」シリーズのテーマを演奏するという動画です。やっぱり狙いは映画出演なのでしょうか。


Robot Quadrotors Perform James Bond Theme – YouTube

正確なリズムを刻むには互いの位置関係やスピードを精密にコントロールする必要があるため、ロボットで音楽を演奏するのは見た目以上に難しいのです。しかも宙に浮かぶクワドロコプターはつねにバランスを取り続ける必要があるため、曲は単純でもかなり高度な技術が必要となります。

開発を進めているのはペンシルバニア大学でロボティクスや自動化、センシングなどを研究するGRASP Lab。以前から自律クワドロコプターの動画をYouTubeにアップしていますが、技術だけでなくだんだん演出が手慣れてきたあたりに、ベテランの風格が漂ってまいりました。

A Swarm of Nano Quadrotors – YouTube

関連記事

ヘリコプター・ロボが自動でタワーを組み立てていく動画 - DNA

「人類史上最強」のボウリング・ロボットが人間のボウラーに負けた意外な理由 - DNA

どうみても殺戮ロボットのプロトタイプ、ボストン・ダイナミクス社製「PETMAN」の動画 - DNA

6本脚でわしゃわしゃ動く多脚戦車ロボットのラジコン発売、イカす名前を募集中 - DNA

江戸時代のオーバーテクノロジー「からくり人形」を捉えたドキュメンタリー「Karakuri」 - DNA

轟音を上げながら5つのボールでお手玉するジャグリングマシーンの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧